読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

styloの映画日記

WEBライターによる映画の感想、コラムなど雑記ですが記していきます。

マッツ・ミケルセン出演『アフター・ウェディング』 家族の真実が明かされる

アフター・ウェディング スペシャル・エディション [DVD]

 

スザンネ・ビア監督 マッツ・ミケルセン 2006年 デンマークスウェーデン

幸せを破る二つの真実

家族に見守られた結婚式、幸せの絶頂にいたアナ。その結婚式には、いわくつきのゲスト、ヤコブ(マッツ・ミケルセン)がいた。

 

ヤコブは慈善事業の資金調達のため、アナの父親で実業家のヨルゲンにコペンハーゲンに呼び戻されていた。しぶしぶ出向いたアナの結婚式で、かつての恋人と再会する。それが、アナの母親だった…。

偶然の重なりからの展開ではあるけれど、家族の絆を深める結婚式で、花嫁の母親は過去からの来訪者に戦慄する。

 

そして、物語が進むほどに、この再会にはもう一つの真実が隠されていることに気づかされる。

 

父親」の葛藤(以下ネタバレ)

自分が愛した女性が子どもを産んだことを知らずに、インドで孤児と心を通わせながら人生を歩み続けてきた孤独な男と、愛する女性と彼女が別の人を愛して生まれた子供を自分の子として慈しむ寛容な男。

インドで孤児院を作り奔走するヤコブと、コペンハーゲンに居を構えて成功しているヨルゲンの、全く違う人生が、くしくも愛娘アナの結婚式をきっかけに交差する。

 

一方、それまでの安定していた生活が変わってしまったアナとヘレナ。本当の父親と会うことを心の底では強く求めていたアナの気持ちが爆発する。ヘレナは、自分の愛した二人の男が同時に存在し混乱し、娘との衝突に戸惑う。

 

ヨルゲンにも、父親として、家族にとって自分の変わりは誰もいないと思いたい一方、いざという時に悔いを残したくないという、葛藤が感じられる。平静を装いながらも辛いヨルゲンの気持ちが、随所に見られて切なくなる。

 

人生の中で真実が常に最善とは限らない。それでも、家族を思う気持ちからヨルゲンはヤコブを呼び戻したのだろうか。その不可解な行動も次第に解き明かされていく。

 

スザンネ・ビアの描く家族の役割

スザンネ・ビアの作品は、家族のつながりが丁寧に描かれている。彼女の作品は、それぞれの人物が個人の気持ちを越えて、父親、母親、といった役割を演じているように見える。

「アフター・ウェディング」でも、そうすべきことを行うヨルゲンは、アナの父親としての役割を果たそうとしている。それを受けて、ヘレナもヤコブも過去に向き合う勇気をもらう。静かな調和を感じるラストは、胸にじんわりとヨルゲンの想いを残している。

 

 堅い表情の精悍なヤコブ(マッツ・ミケルセン)に対して、ふくよかで温和な印象のヨルゲンは対照的だ。二人の全く違う魅力のはざまで、母になる前の自分がちらっと顔を出す女心が、シセ・バベット・クヌッセンによって上手く演じられている。

 

派手さはないけれど、混乱と気まずさを越えて平穏に向かう家族を、淡々としたタッチで描く大人の作品。

 

※スザンネ・ビアの家族を扱った作品はじわじわ考えさせられる。

2010年『未来を生きる君たちへ』

 未来を生きる君たちへ [DVD]

 

暴力をテーマに、「正しさ」を教えようとする父親の姿と、世の中の矛盾に戸惑う子どもたちが描かれています。

 

2004年『ある愛の風景

 ある愛の風景 スペシャル・エディション [DVD]

 

戦争が奪ったのは、家族の時間だけではなかった。家族のつながりまで壊れていくやりきれない内容。

 

 2009年に『マイ・ブラザー』でハリウッドリメイク

マイ・ブラザー [DVD]