読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

styloの映画日記

WEBライターによる映画の感想、コラムなど雑記ですが記していきます。

ハネケ監督「愛、アムール」 夫婦のダンスはいつまでも続く 感想

愛、アムール [DVD]

ミヒャエル・ハネケ監督 2012年 オーストリア、フランス、ドイツ

最愛の人だから 話がこじれる

発作から半身麻痺の後遺症を残し、認知症を患っていく妻と、「もう入院はさせない」という約束をした夫の愛のストーリー。

見終わって、あまりの重苦しさに、息をついた。

 

だれもがきれいに歳をとって、きれいに最期を迎えるという奇跡は望めないことはわかっている。けれど、徐々に自分を失ってしまうなら、残していく家族とどうやって別れればいいのか、元気な時の意識がなくなってからでは、選びようもない。

 

そして、愛があるからこそ、がんじがらめになっていく介護者。妻を献身的に介護しているこの夫は不幸なのか、至福なのか誰にも判断はできないんだろうと思った。

 

そういう、一歩引いた目で作られたストーリーに、淡々としているからこそ戸惑う。

 

ぎこちなく身体を支え、妻を移動させる夫。その歩みはたどたどしいダンスを踊っているようだった。

そして、娘役のイザベル・ユペールの存在感。夫婦の間には入っていけない愛の膜があって、家族であってもそれは破ることはできない。そういう寂しさを表現していた。

 

世界に妻と夫の二人だけだったら、自由に、二人の思い通りにできるのだろうか。この作品は、そんなおとぎ話のような愛の話なのかもしれないと思った。

 

人生の終わり、誰と過ごすのか、今はまだわからない。でも必ず来るその時を思わせる重い作品だ。